雨ふりの日

こんにちは

アイミッション京都支店です。

雨の所もありますね

こちらでは雨が降っています。

雨が降っていると時々思い出します。

傘もささずに外に出て薄暗い中を歩いてたこともあったり。

街灯の灯りを頼りに歩いていたことも

そんなこともあったっけと雨の日は思い出します。

雨が当たる感触、水たまりを踏む感覚、何も考えずに進み続ける道

雨が止んだ後に掛かる虹が美しいと誰が言い出したのだろうか

世界は常識で埋め尽くされているし、当たり前で埋め尽くされている

非常識がはみ出されるようになる。

世界は美しいと誰が言ったのかはわからないが皆がそうだというからそうなのだ

本当はどうなのだろう、もしかすると世界は傾いてくるってるのかもしれない

明日が当たり前に来るのも、蛇口をひねれば水が出るのも

先人の人たちが作り上げてきたものに感謝してい生きていくしかないのだと

そう思うと今日も感謝して生きていくしかないのだと感じて今日も頑張るしかないですね

 

前の記事

9月も終わりに

次の記事

風の音を聞く人